CYCOLOGYについて

2011年にシドニーのノーザンビーチに設立されたCycologyClothingは、サイクリングへの情熱(執着と言う人もいます)に触発されたクリエイティブなブランドです。
Cycologyの背後にある創造力は、フルタイムのアスリートになりたいアーティスト兼デザイナーですが、才能、バランス、ゴム面を下に保つことができないため、日常の仕事にこだわっています。
何千キロものランニング、自転車に乗る、パドリング、海で泳ぐなど、エンドルフィンとアドレナリンを提供するスポーツは、サイクリングと「サイコロジー」についての何千キロもの落書きにつながりました。
ユーモアのセンスが素晴らしい他の狂った才能のあるアスリートとのトレーニングやレースは、多くの場合、ユニークなグラフィックのインスピレーションにつながります。これらのいくつかは、最終的には私たちの服に取り入れられ、お客様がスポーツへの情熱を袖や胸に購入して着用するように促すことを願っています。
Cycologyはオーストラリアを拠点としていますが、現在、世界80か国以上に販売しています。
当社の製品やデザインに関するフィードバックやアイデアを歓迎します。


Facebookhttps://www.facebook.com/cycology.japan
Instagramhttps://www.instagram.com/cycology_japan/?hl=ja
Pinterest:pinterest.com/cycologygear

 

 

Established on Sydney's Northern Beaches in 2011, Cycology Clothing is a creative brand inspired by our passion (some say obsession) with cycling.

The creative force behind Cycology is an artist & designer who would rather be a full time athlete - but due to lack of talent, balance & the inability to keeping the rubber side down….. stuck to their day job.

Many 1000’s of kms of running, riding bikes, paddling, ocean swimming and any other sport that provided the endorphins and adrenaline led to 1000’s of scribbling’s about Cycling and "Cycology".

Training and racing with other mad & gifted athletes with great senses of humour often leads to inspiration for unique graphics. Some of these have eventually make it onto our clothing which we hope will also inspire our customers to buy and wear their passion for sport on their sleeves… or chests.

While still based in Australia, Cycology is now selling to over 80 countries worldwide.

We welcome feedback & ideas on any of our products or designs.

Size Chart

INCHES

S

M

L

XL

2XL

Chest

33-36

36-39

39-42

42-45

45-48

Waist

32-34

34-36

36-38

38-40

40-42

Hips

34-36

36-39

39-42

42-44

44-46

CM

S

M

L

XL

2XL

Chest

84-90

90-98

98-106

106-114

114-122

Waist

80-85

85-90

90-95

95-100

100-105

Hips

85-90

90-98

98-106

106-112

112-118

NOTE:
私たちのパフォーマンスジャージは、高伸縮性の生地を使用しており、動きの自由を損なうことなくぴったりとフィットします。衣服のサイズに関しては「標準」がないため、正しいサイズを取得するには、適切に採寸したうえでサイズを確認するようにお願い致します。